読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魚鳥木

東京から沼津に移住して飲食店を始めるお話とか、趣味の話とか

続リフォーム

f:id:doramaru108skills:20161101112421j:image

  二階の三畳の部分を物置として使用する。もとは大変年季の入った畳が敷いてあったのだが、さすがに年季が入りすぎているし、物置ならばフローリングの方が便利だと思うのでremixする事に。

  本来は根太を敷いてそこにフローリング材を端から丁寧に挿していくのだが、技術的な不安と土台の床板の波打ち具合が尋常じゃないといった複数のreasonにより、土台の上にスノコを敷き詰めてその上にベニヤ板を敷いてフローリングカーペットを貼る事にした。土台が浮いてる部分はスノコの裏側を削ったり切ったりして水平になる様に調整(これが最も難儀だった)してベニヤ板を乗せて(ホームセンターでサイズ合わせて切ってもらうも数ミリ合わず、これも微調整)フローリングカーペット(古い物件のため部屋が若干歪んでおり、カーペットのサイズが以下略)を両面テープで貼って完成。何とか見れる状態にはなったと思います。

f:id:doramaru108skills:20161101112438j:image

だいぶ安くあがりました。

 

 

リフォーム

f:id:doramaru108skills:20161025000749j:image  リフォームなんてもちろんやった事がない。DIYだって本棚くらいしか作った事はない。でもまあやって出来ない事はないだろう、時間はかかるが自分でやった方が安上がりだ。ホームセンターに行くと水回りの修理から床板の張り方までのってる小冊子を無料でもらえる。これを見ながら奮闘するしかない。

  とりあえず手始めに砂壁がボロボロだったので塗装する事にした。砂壁に直接ペンキを塗ると壁がペンキを吸い込んでしまい綺麗に塗れないので、まずシーラーとやらを下地に塗る。あ、その前に柱とか木枠の部分にマスキングテープを貼らねば。

  塗料やシーラーは思ったよりも量を使うので多めに用意しておいた方が良い。今回はギリギリ間に合ったが、足りなくてケチるハメになったり再びホームセンターに走るハメになるよりは少し余る位の方が良いと思う。今回は使わなかったが、カインズホームのオリジナル商品のペンキはすごく安い。品質も問題ないのでコストを抑えたい人にはオススメです。

f:id:doramaru108skills:20161025001543j:image

もうちょっと和室感のあるウグイス色みたいになる予定だったのだが、完全にアイスクリームのチョコミントの色になった。まあ、これはこれで、良いっす。気にいってるっす。

移住からの開業

f:id:doramaru108skills:20161024005419j:plain

と、いう訳で二人でお店を始める事になりました。屋号は「魚鳥木」(ぎょちょうもく)です。12/1オープン予定で内装のDIY等を進めて行きます。よろしくお願いします。 #魚鳥木 #沼津 #doramaru

シラフでやりましょう

酒に酔った勢いで700cを26インチに履き替える。スプロケットも交換。リアのみタイヤも履き替える。 フロントのタイヤ交換と片付けは明日で良いと思う。

f:id:doramaru108skills:20161023234102j:plain

 

転職そして

f:id:doramaru108skills:20161024005153j:plain

沼津に来て8ヶ月経つ。暮らしにも仕事にもだいぶ慣れてきただろうか。友人知人も徐々に増え、そこそこ忙しく、そこそこ楽しく過ごしている。
現在の職場は私には全く似合わないオシャレなカッフェだ。オシャレなカッフェでスパゲッティやピッツァを作ったりアップルパイを焼いたりこれまた全く似合わない仕事に勤しんでいる。
職場は私以外は全員女性だ。皆が皆キャラが立っている個性的な面々だ。山形の伊藤君だったら狂喜乱舞してしまうであろう深夜の日常系アニメのようなシチュエーションだ。私が原案を出すから誰かラノベ化でもしないだろうか。
沼津に住み始めて最初の仕事は一週間で辞めてしまった。思えば確実に判断を早まったと思う。もうちょっと頑張れよ、俺。だらしないったらありゃしない。移住したばかりで精神的に不安定だったという言い訳でなんとか納得して頂きたいところだ。
その後、自由が丘広小路のマイメン河合氏のツテでいまの職場に入った。2週間の引き継ぎの後、いきなり料理長になった。どうやら「シェフ」という肩書きらしい。全く似合わないオシャレな肩書きを頂いたものだ。未だにシェフと言われても実感がわかない。居酒屋のオッサンですからね、そもそも。慣れない西洋料理を皆に教わりながらなんとかこなしてきた。ヘルニアになったり手のひらを包丁が貫通しちゃったり泣いたりしながら働いてきた。

今月の中頃で今の職場を辞める事にした。あ、急に辞めるわけじゃないっすよ、ちょっと前から決まってたんだけど。

やりたい事が色々あるのに、仕事や時間や金銭などと出来ない理由を当てはめては延期したり諦めたり、そんな風に生きてきたように思う。
そろそろ40歳になる。自分の可能性に勝手に限界を設定するような生き方は止めよう。別にアメリカ大統領になりたいとか、月で稲作をしたいとか、そんなだいそれた事がしたい訳じゃない。料理と音楽を作りながら、暮らしていければ最高じゃないですか。

次の職場はどこかって?そりゃもう決まってるじゃないですか。まあまた近いうちに報告します。Life is beautiful.

孤独な百年

f:id:doramaru108skills:20161024004801j:plain

Jazzyな酒をJ-popなグラスで。
肴はカツヲとイタリアンサラダ。
HybridでMixtureな木曜の夜。
エイミーワインハウスの人生の(余りにも速すぎる)疾走感に想いを巡らせながら血中アルコール度数を高めてゆく。全く、わが家のニンニクシソ醤油はどうしてこんなに美味いのか。明日は何着て生きていこう?

 

f:id:doramaru108skills:20161024004531j:plain

 

以前は仕込みの後に家で食事をとる時間もあったのだが、今は職場で食事を取らなければならない。カフェで賄いとなると主にパスタやパン系になりがちなのだが、嫌いではないが毎日洋食は私には辛い。ランチのカレーの為の玄米が大抵少し余るので前日、前々日の玄米を主に賄いで頂いている。今日は農家から頂いた小松菜と、余ってしまい冷凍にまわしたマッシュルームを炒めた物(油少なめ)を玄米のおかずにして頂いた。脂質や糖質、塩分の多い洋食と比べ農耕民族の自分には優しい献立となったのだが、食事と同時進行で仕込んでいたミートソースが余りにも魅力的で、玄米をおかわりし、その上にミートソース(あくまでテイスティングであると言い聞かせ)をかけて追加で頂いてしまった。ミートソースという事は粉チーズも過分にかけてしまうわけだが。かくして私の健康的賄い計画は早々に頓挫したらしい。 農耕民族の本能は西洋文化の魅力にはそうそう勝てないようだ。